診療内容

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 頭痛外来

頭痛外来

片頭痛(偏頭痛)には、予防治療があります

今まで頭痛、特に片頭痛は、痛くなったら鎮痛薬を飲むという対症療法しかありませんでした。
しかし、近年、頭痛の予防薬が開発され、片頭痛が起こらないようにできるようになりました。
実際に多くの患者さんに処方してきましたが、とても治療効果が高いと感じており、当院では積極的に取り入れています。

このような方におすすめです

  • 月に2回以上、頭痛が起きる方
  • 頭痛発作がひどく、頻度が高くなくても、日常生活に影響がある方
  • 鎮痛薬があまり効かない方

治療方法

頭痛の予防療法は、「予防薬」という頭痛を起こりにくくするお薬を、毎日飲んでいただきます。
お薬を飲むことで、頭痛発作の回数が減る/発作時の痛みが軽くなるといった効果があります。
片頭痛の回数や頻度を抑えることで、片頭痛発作が悪化することを防げます。
予防薬は鎮痛薬とは違いますので、頭痛が起こらなくなっても、しばらくの間は毎日飲んでいただく必要があります。

予防薬で頭痛がなくなったり、軽減したりするなど効果が見られれば、半年~1年くらいで予防薬を中止することができます。
頭痛が再発してしまうこともありますが、その場合は、予防薬を再開して様子をみます。
女性の場合は、閉経の時期になりますと、片頭痛が自然と治っていくことが多いようです。

治療方法

  • 1
    受付

    ご予約は不要です。診療時間内にご来院ください。

  • 2
    頭痛外来 問診票に記載

    頭痛専用の問診票に、頭痛が起こる状況や程度などを記入していただきます。

  • 3
    診察

    頭痛外来は、問診が中心となります。
    いつから、どのくらいの頻度で、どの程度の痛みなのかなどをお伺いします。

  • 4
    検査

    問診のうえ、「病気が隠れている頭痛」かそうでないかを診断するため、検査を行う場合があります。

  • 5
    内服薬の処方/
    お薬の飲み方指導

    お薬の種類や量を決め、副作用を確認するために少なめの処方から始めます。
    痛くなったら飲む鎮痛薬とは異なりますので、飲み方の指導もあわせていたします。

  • 6
    経過観察

    予防薬で症状が改善しましたら、定期的に経過観察をします。
    半年、1年、3年などの期間、様子を見ながら、お薬を中止するタイミングを探っていきます。

  • クリニック概要CLINIC INFORMATION

    〒680-0904
    鳥取県鳥取市晩稲437番3

    診療科目

    脳神経外科・神経内科・漢方内科

    0857-28-7025

    診療時間

    診療時間
    9:00~12:30
    15:00~18:00

    休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

    スタッフ募集

    診療カレンダー

    Calendar Loading

    …休診 …午後休診 …その他